客室乗務員試験 英語が苦手です

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員試験 英語が苦手です

?英語

客室乗務員受験で気になる勉強のひとつといえば。。。それは「英語」ですね! どんな英語の勉強が必要になるか見ていきましょう。

TOEIC

TOEIC600点以上は取得しておくことをお勧めします。実際にものすごく客室乗務員の素質がある人でも英語力がないためになかなか合格できないというケースがあります。

英検よりもまずはTOEICです。会社に提出するエントリーシートにはTOEICだけで英検を書く欄がない場合もあります。また客室乗務員受験ではTOEIC形式の英語テストを行う会社が多くあります。このテストのスタイルに慣れておくことが大事です。

英会話

英語での試験を取り入れている国内系航空会社を見てみましょう。

JAL・・・2次または3次で英会話面接。ネイティブの面接官と1対1で約5分間、自己紹介や簡単なQ&Aが行われる。

ANK・・・英語のアナウンスの朗読

JALウェイズ・・・英文朗読(短い英文を読ませ、それに対する質問)

JALエクスプレス・・・英語面接(英作文、英作文の内容からの質問)

外資系・・・面接の殆どが英語。10人ぐらいの大きなグループディスカッションなども行われる。

また今まで英会話の面接をしていなかった会社も今後取り入れていくかもしれません。そういったことを考えると志望企業に過去に英会話面接がなくても準備しておくに越したことはありませんね。

また最近では英語以外にも第二外国語をアピールする学生も多くいます。英会話には自信があるという方は英語以外の言葉にぜひチャレンジしてみてください!




?留学

客室乗務員受験までに少し時間がある方には留学もお勧めです。英語はやはり英語の環境に身を置くのが一番の近道です!留学プログラムの中にはフライトアテンダントになるための留学コースを用意している場合があります。
留学では語学のみでなく、幅広い考え方も身に付けることができるので受験の際のPRにもなります。

また新卒受験者だけでなく、既卒受験を考えている方の中にも、客室乗務員受験に備えて留学で英語力をつけキャリアアップを目指す人が多くなっています。

新卒・既卒どちらにしても客室乗務員受験から逆算して、計画を立てるとよいでしょう。

自分にとって必要な適性を効率よく伸ばせる方法は何か?を考えてみてください。




前のページ
客室乗務員試験 履歴書を書く
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員試験 資格は必要?