客室乗務員試験 ヘア・メイク・服装

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員試験 ヘア・メイク・服装



客室乗務員のヘア

国内系のエアラインでは清潔感のあるヘアスタイルが好まれます。髪の長い人はシニヨン(まとめ髪)と、ダウンスタイル(下ろしたとき)、またハーフアップ(肩にかかる髪を少し残して半分だけまとめる)の時とどれが似合うかチェックしてみてください。

髪の長さがショートやセミロングの場合も顔に髪の毛がかからないように整髪剤でスタイルをキープしておくといいですよ!

また前髪の長さも目にかからないぐらいがいいですね。おでこを見せる場合は髪の毛が落ちてこないようにしっかりまとめておきましょう。

前髪を斜めにしている人は要注意!前髪が斜めに流れているほうに同じように顔が傾いていませんか?髪が目にかからないように自然と癖になって顔が傾いていることがあるので気をつけましょう!

ポイントは以下の2つです。

1.あなたに一番似合うヘアスタイルを探す

2.毛先や前髪はきれいにまとめる

客室乗務員のメイク

国内系ではナチュラルメイクが好まれます。とは言ってもポイントはきちんとおさえたメイクを心がけましょう。(ナチュラル=薄いメイクではないので注意!)

色をたくさん使った濃いメイクではなく、ベースメイクをきちんとして明るくすっきりとした印象になるといいですね。

ポイントは・・・

CAとして仕事を始めると様々な年代のお客様と接します。どの年代の方からも好印象を持ってもらえるようなメイクがポイントです。まずは自分の身近な人(両親、祖父母など)に見てもらうとよいでしょう。



客室乗務員の服装

1.スーツ

紺、黒などのリクルートスーツが最近は主流です。ですが、ベージュやグレー、白に近い色など明るめのカラースーツを着る人もいます。

スーツはサイズのあったものを選ぶことが大事ですが、一つだけ注意して欲しいことがあります!痩せている人はますます痩せて見えていないか?その逆にますます太って見えていないか?ということです。

自分の体型を協調するのではなく、カバーできるようなスーツ選びをしましょう! スカートの長さは膝頭が見えるぐらい、座った時の長さもチェックしてくださいね!また夏の受験期は半そでもスーツを着る方もいます。

2.ブラウス

開襟や、襟なしのすっきりしたカットソータイプなど。ヘアスタイルなどと合わせて一番似合うものを選びましょう。色は白のほかにも薄めのピンクやイエローなど派手な色でなければ大丈夫です。

3.靴

ヒールの高さ・・・3?〜7cmぐらい(9センチぐらいのヒールを選ぶ人もいるようですが、履きなれない高さは危険なので気をつけて!)

色・・・黒、紺

ポイントは・・・おしゃれは足元から!靴はしっかり磨いて汚れていない新しいものを選びましょう!選ぶときはシンプルな形を選んでください。また後ろから見た印象もチェックしましょう。

4.アクセサリー類

指輪、ピアス、ネックレス、スカーフ・・・どれも身に付ける場合は大きさ、色、形ともに派手過ぎないものを選びましょう。

ポイントは・・・アクセサリーは特になくてもいい物なので、スーツを着てみて「寂しい印象」と感じたら例えばパールの5mm程度の大きさのピアスやネックレス等を着けてみて全体の印象を見てみてください。少し顔回りが明るくなったらOK!

外資系の場合は国内系よりも大人っぽいヘアメイクが好まれる傾向があります。(Ex.赤い口紅、夜会巻きなど)シンガポール航空、タイ航空などのアジア系のエアラインがそうです。

国内系・外資系共に、面接官は面接時にその会社のCAの制服を着ているイメージで受験生を見ると言われています。まずは志望するエアラインのCAを見て雰囲気を研究してみましょう!




前のページ
客室乗務員試験 資格は必要?
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員試験 写真の撮り方