客室乗務員について 客室乗務員の歴史

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員の歴史



もともとは1930年にアメリカ合衆国のユナイテッド航空が導入したのが始まりといわれています。運行中の乗客の身体的なトラブルに対応することが出来る女性(!!)ということで、看護婦(看護師)を客室乗務員として搭乗させたといわれます。

また、当時まだ危険な乗り物というイメージがついていた飛行機を、女性の乗務員を搭乗させることで「女性も乗れるような安全な乗り物である」とアピールするという意味もあったといわれています。

【1930年代-1960年代】
世界各国で航空会社が次々と開業した1930年代から1950年代当時の日本では(日本においては大日本航空が1939年に、日本航空が1951年に、全日空の前身となる日本ヘリコプターが1952年に開業した)旅客機は運賃が高額だった上、1945年8月の大東亜戦争(太平洋戦争)の敗戦以降長期に渡り海外渡航が自由化されていなかったために、乗客が渡航許可を受けた政府関係者や企業の業務出張者、または外国人に限られていました。その後1964年4月1日には、日本の高度経済成長に伴い海外渡航が完全に自由化されたものの、海外旅行はまだまだ高嶺の花であったこともあり、日本において客室乗務員はステータスの高い花形職業とされていました。

当時の客室乗務員は「エアホステス」または「エアガール」と呼ばれていたが、後に「エアホステス」という名称は、水商売のホステスに紛らわしいということで改名されました。

【1970年代-1980年代】
日本航空のボーイング747ボーイング747やDC-10型機などの大型ジェット機の導入やアメリカにおける航空規制緩和政策(ディレギュレーション)の導入。航空会社間の競争の激化などにより航空運賃が下がり、飛行機での旅が大衆化してきた1970年代-1980年代以降は、欧米の先進諸国ではそのステータスは下がりましたが、日本では『アテンションプリーズ』(オリジナル版:1970年-1971年)、『スチュワーデス物語』(1983年-1984年)など人気テレビドラマの題材にもなり、まだまだ女性のなりたい職業の上位として憧れの存在でした。

【1990年代以降】
しかし、日本でも航空業界の規制緩和が行われ航空会社間の競争が激化した1990年代以降、契約制客室乗務員の導入により待遇が低下していることや、海外旅行の大衆化や価値観の多様化などにより、近年は人気職種の一つではあるものの以前よりその人気は下がっている。欧米においてはむしろ看護師などのほうが、高いステータスをもった専門職として見なされている現実があります。なお、近年に客室乗務員を描いたドラマとしては、フジテレビで放映された『やまとなでしこ』(2000年)や、『アテンションプリーズ』(2006年)などがあります。

【引用元】ウィキペディアフリー百科事典

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
客室乗務員 名前の由来
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員の業務 機内サービス