客室乗務員について  客室乗務員のメディアイメージ

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


メディアにおける客室乗務員像

【引用元】ウィキペディアフリー百科事典

日本のテレビ・映画・雑誌・書籍などのメディアにおける客室乗務員は、以下のような偏った虚像が長年扱われてきた。

・日本の国内線幹線と国際線を運行する航空会社の乗務員を主とし、時に欧米などのメジャーな航空会社も扱う。(こうした実在の航空会社を実名で扱う場合と、架空の航空会社を扱う場合がある)

・客室乗務員は日本人。欧米系の航空会社の場合、日本人か、または先進国の白人でかつ当該国の主となる民族。

・客室乗務員は若年の独身の女性(既婚女性や男性はほとんど取り上げられない。上記就職時の性差別参照)

・客室乗務員は国際的な感覚を持っている。

・乗客に接するときはもちろん、職場や私生活でもエレガントである。

・日本人の場合、地方出身者(関西・九州などの設定が多い)はマイナーな存在となる。

・架空の航空会社の場合、一般的なイメージにあわせ、制服は紺色などの青系統である。ただし黄系統・赤系統の制服の着用のケースも見られる。制服はジャケットとスカートで構成される。

こうした実情が客室乗務員の実際の姿とかけ離れたところが多いことはいうまでもない。日本においても、男女雇用機会均等法制定(1986年)以前から既婚女性など、30代以上の女性客室乗務員は多かった。欧米は航空自由化の1970年代末以来、日本でも1990年代後半以降、「格安航空会社」や「コミューター航空会社」が軽視できない存在となっているが、その客室乗務員・操縦士などはごく近年まで扱われなかった。また、アメリカのアフリカ・ヒスパニック・アジア系やヨーロッパでの東欧・中東系など、客室乗務員の人種・民族構成は多岐にわたるし、それは日本の航空会社でも例外ではない。

国際性は国際線においては求められる素養であろうが、実際は特に日本の航空会社においては高い外国語レベルは必要とされないうえ、帰国子女のように元々高い国際性を持つ従事者もそれほど多くない。また、客室乗務員は「世界の都市の情報に詳しい」とされることも多いが、実際は到着地で1、2泊するだけというスケジュールで勤務することが殆どで、しかも現地での滞在は、時差ぼけに対処するために日本時間と同じ睡眠パターンをとるためのものであり、決して観光をするための休暇ではないので、到着地についての知識レベルは観光客のそれと対して違いはない。

また、男性週刊誌や女性ファッション誌を中心に「社交的で」、「世界各国の事情に詳しく」、「男性にもて普段から合コンに明け暮れている」と言ったようなステレオタイプで語られることが多いが、客室乗務員の性格や私生活はまちまちであり、内向的な人や堅実かつ庶民的な生活を送る人も多い(このせいか1990年代後半以降、こうした側面を強調したドラマが増えている)。日本人の場合、無論地方出身者もかなり多い(新たに開設された空路には、当該地域出身の客室乗務員を初便に乗務させるうこともあるほどである)。しかしこの様な「虚像」に憧れ、「接客業」であると言う前提を蔑ろにして、客室乗務員に応募してくるものが後を絶たないと嘆く現役客室乗務員も多い。

その他の傾向としては、客室乗務員はイラストなどではしばしば愛らしい姿で描かれる。特に子供向けの書籍や玩具で顕著(子供に客室乗務員を親しみやすく感じさせるため?)だが、大人向けでも若干みられる。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
客室乗務員試験 受験
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員の毎日