客室乗務員について 客室乗務員の機内サービス 業務内容

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員の業務内容

搭乗時

客室乗務員の機内サービス


主な業務としては、飛行機の搭乗時の案内やドアの開閉、機内食や飲み物の加熱および上げ下げや機内販売(国際線では免税品の販売)、税関申告用紙の配布などの機内でのサービスを行う。

また、機内を巡回したり、乗客からの運行状況や機内サービス、到着地の天候や空港の案内などの数々の問い合わせなどについて対応したりしている。なお、男性客室乗務員が搭乗している場合、「ギャレー」と呼ばれる厨房内の仕事や力仕事などの業務にに回されるケースが多いが、日本の航空会社の場合男性客室乗務員の数は非常に少なく、特に日本人の男性客室乗務員が乗務していないケースも多い。


客室乗務員の機内清掃


格安航空会社をはじめとする一部の航空会社では、座席など機内の簡単な清掃を地上駐機中に客室乗務員に行わせている他、長距離国際線に乗務する客室乗務員は乗客のゴミの回収や、トイレットペーパーやゴミ箱の交換などをはじめとするトイレの清掃も行う。米国では機長および副操縦士にも清掃作業を課す会社もある。


客室乗務員の緊急事態対応


万が一航空事故やハイジャックなどの緊急事態が発生した時には、運行乗務員などと連携して乗客に状況説明をしたり、緊急着陸や着水をする場合には避難用具の用意や避難誘導にあたる。そのため一部の外資系航空会社では、一定距離を泳げることが採用時の条件になっているケースがある。

因みに、韓国やアメリカ、ロシアなどの一部の国では、客室乗務員の他に、一部の便に専任の航空保安官(エア・マーシャル)が目立たぬよう私服で拳銃を携帯して乗り込んでいる(ハイジャックが起きたら一撃必殺で犯人を無力化する)。日本発の一部の国際線にも導入されているが、保安上の理由から詳細は公表されていない。


客室乗務員の休憩


なお、夜間飛行や6、7時間以上の長距離路線においては、乗務中に数時間の仮眠を含む休憩時間が設けられ、休憩用に仕切られた座席や機体後部などにある休憩室(クルーバンクと呼ばれる寝棚もある)で休憩を取る。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
客室乗務員の歴史
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員の業務 機内清掃