客室乗務員について  客室乗務員 名前の由来

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員 名前の由来



まずは客室乗務員のとしての由来をしっかり読んでおきましょう。細かく正確に覚える必要はありません。おおまかなイメージを持てるように、チョコチョコと何度も読んでいくことをお勧めします。

まず最初、古くは船の乗務員(女性)に由来するスチュワーデス(男性はスチュワード)の呼称が旅客機時代初頭に広く用いられ、そのまま定着しました。他にもキャビンアテンダント(Cabin Attendant)、フライトアテンダント(flight Attendant)、などいろいろありますね。

実はそのほかにも飛行機について使われる言葉には船に由来するものがいくつかあります。
例えばギャレー(飛行機の台所)、シップ(飛行機自体のことをこう呼んでいます)などです。

女性の客室乗務員は、初期には「エアホステス」「エアガール」、最近まで「スチュワーデス」(男性の場合には「スチュワード」「パーサー」など)と呼ばれていたこともありましたが、1980年代以降、アメリカにおける「ポリティカル・コレクトネス」(この場合は性表現のない単語への言い換え)の浸透により、性別を問わない、"flight attendant"(フライトアテンダント)、"cabin attendant"(キャビン・アテンダント略してCA)という単語に言い換えられた影響で、この和訳である「客室乗務員」(客乗)という言葉が正式とされるようになったとされています。

しかし、その後も航空会社自身が「スチュワーデス○○」など、「スチュワーデス」という呼称を様々な形で使い続けていることから、「スチュワーデス」という呼称がマスコミなどでも多用されていました。

しかしここ最近、特に2000年以降テレビドラマでCAやキャビンアテンダントを多用されることがおおくなり、かなり浸透してきている(特に若年層)と判断できます。

周りの人は、どのように呼ぶのでしょうか?スッチー(男性)とかスチュワーデス(ご年配)とかがまだメジャーのような気がしますが、松嶋奈々子さんや観月ありささんのドラマの影響で少しずつ変わってきましたね。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
客室乗務員って
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員の歴史