客室乗務員について  客室乗務員 就職 採用 基準

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員の就職と採用


日本国内の大手航空会社ではほぼ毎年、新卒の客室乗務員の採用を行っている。(客室系総合職・契約制客室乗務員双方)

また既卒試験や客室乗務員経験者の試験も随時行っている。
客室乗務員の試験は国内系・外資系と一年を通じて行われるが、外資系の場合は特に欠員が出たり増便がある場合に必要に応じて採用試験を行っているので不定期となる。


客室乗務員の採用基準


一般的に客室乗務員の試験は倍率が高いと言われている。実際に大手航空会社の一回の試験には推定で10,000人以上が応募している。

その中から合格するのは会社によっても客室乗務員の採用数は異なるが100名から多いときには400名ほどの大量採用がある。

客室乗務員の採用数は年々変わっているのでチェックが必要。

客室乗務員の採用基準に多いのはTOEIC600点程度の英語力などがあげられる。また採用基準には明記されていないが、客室乗務員になるためには160cm程度の身長が目安となる。これは飛行機に乗務した場合に身長が低すぎると作業上、身体に負担がかかるためと言われる。

そのほかにも飛行機の上が仕事場になるという性質上、客室乗務員に不可欠なのは身体的な健康である。

客室乗務員の仕事は気圧や時差、場所など常に環境が変化するのでそれにきちんと耐えられるだけの体力を持ち合わせていることも大事。 健康診断のほかに体力テストが行われる場合もあるので準備しておきたい。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
客室乗務員の訓練
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員試験 受験