客室乗務員について 客室乗務員試験 受験

客室乗務員を目指す!レッツスタディ♪客室乗務員 

客室乗務員になるための情報サイト 受験情報 就職情報 第二新卒情報満載 あなたの合格を後押し!
メインメニュー

リンク集


客室乗務員試験会場

大手国内航空会社の客室乗務員試験の場合は自社ビルで行われることが多い。
外資系の客室乗務員試験の場合はホテルの一室(スィートルームなど)を貸しきって一日に1次、2次面接などを一気に終わらせる場合もある。外資系の客室乗務員の試験の場合は、外地から採用担当者が来る場合もあり、長くステイできない関係上短い期間に合否が決定される。


客室乗務員になるための就職情報

日本全国の主要都市には客室乗務員になるための専門学校や、エアラインスクールと呼ばれるエアライン受験のための学校があり、面接練習や身だしなみ、マナーなどを学ぶことができる。

エアステージなどの客室乗務員を主体とした航空業界就職情報誌や、就職情報を書き込めるインターネット上の掲示板も存在している。


男性客室乗務員

【引用元】ウィキペディアフリー百科事典

男女双方の人権が確立されている先進国の航空会社では、男女両方の客室乗務員がほぼ均等な割合で乗務していることが多いが、日本の大手航空会社の場合、現在契約制客室乗務員としての募集は一応男女となっているが男性が採用されるケースは無であり、男性は事実上総合職(客室系総合職)としての採用のみで、その結果男性の客室乗務員は極めて少ないのが現状である。これを性差別として、1999年4月1日の男女雇用機会均等法の改正時に、主に男性の希望者から違法行為であるとして問題とする主張が多いが、現在のところ厚生労働省をはじめとする行政や労働組合に動きはない。

スカイマークエアラインズのボーイング737また、ハイジャックや事故などの不測の事態が発生した際、男性の方が平均的に体力が強いという点から、「保安要員としての目的なら男性の客室乗務員を増やしては」との意見も多い。近年は日本でも、スカイマークやスカイネットアジア航空などの新興航空会社を中心に契約制客室乗務員として男性を採用する場合も出てきた。しかし、日本の大手航空2社に関しては現在のところ契約制客室乗務員としての採用はない。

この様な背景には、制服姿の女性客室乗務員を必ず自社の広告に出演させることで知られているシンガポール航空や、現役の女性客室乗務員のカレンダーを毎年制作し販売している日本航空のように、アジアの多くの航空会社自らが(若くて綺麗な)女性というものをマーケティング上の一つの売り物としているという背景がある。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
前のページ
客室乗務員 就職 採用 基準
コンテンツのトップ 次のページ
客室乗務員のメディアイメージ